iPhoneのDIYについて

iPhoneが壊れてしまった場合には、自身でのDIYに挑戦することもできます。

道具を揃える

iPhoneのDIYに際して、まずは必要な道具を揃えます。ドライバーやピンセットといった最低限必要な工具だけでなく、静電気除去のクロスやバッテリーなど修理する箇所によって追加で必要になるものもあります。事前に必要なものを揃えてからDIYに臨みます。

修理の注意点

iPhoneは精密機器です。無理に力を入れたり、電源を入れたまま作業をしたりしないようにします。基本的には、力を加えなければ外れないパーツはありません。力を加える必要がある時は、ネジが外れていない可能性が高いです。慎重な作業を心がけます。

修理を自分でおこなうリスク

修理をおこなう際は、故障箇所を正確に把握する必要があります。きちんと把握しないまま作業を進めると、復元できなくなる可能性があります。修理を自分でおこなうリスクがあることも理解しておきます。

まとめ

iPhoneのDIYに挑戦する際は、注意点やリスクについても知っておきます。

Related Post

目の機能目の機能

皆さんは全身のなかで最も活発に動いている筋肉をご存じですか。よくおしゃべりする人は、口元の筋肉であるなどといった冗談を言われる肩もいらっしゃいますが、一般的には目のピントを調整する筋肉が全身のなかでももっとも活発に動いて […]